2018年08月05日

アトリエ 札幌店 0118683377

マンション屋上アスファルト防水工事

アスファルト防水のトーチ工法とは、屋上に防水工事を施工する際に、トーチバーナー(火おこしから炙り料理まで幅広く使える使用範囲の広いバーナー)による溶着施工を行う工法です。防水層をつくる材料として、合成繊維の不織布などをつかって、両面にアスファルトをコーティングした2.5ミリから4ミリ程度のシートを使用することになります。

これまで使われていたアスファルト防水工事では、釜でアスファルトを高温溶解させる必要があり、においや危険性などの問題が起こっていました。

ですが、トーチ工法では、アスファルトルーフィング材をトーチバーナーで溶着させるので、熱や煙などが発生しないので安全です。シート同士を結合させる際にも、隙間がない状態で溶着させることができます。そのため、水がもれにくく、優れた防水効果を発揮することができます。

トーチ工法は、アスファルトシート防水工事の標準仕様として採用されています。とくに、環境問題が大きく注目を集めるようになってから、トーチ工法にも注目が集まり、多くの現場で採用されるようになりました。



F576D5C4-ACDA-41D9-BB32-358550FDDDDF.jpeg6F35207E-DE34-48FA-9793-BDC12C75D70A.jpegC6FC5F1C-7920-45F5-85B6-7D3474A65224.jpegA3565ECE-F6E6-4C71-A12A-C089A0169963.jpeg3778EE9E-724F-4916-9B16-7ADC77AC8842.jpeg01996E1D-AAF6-4284-AE89-001FC7D61739.jpegA89340BB-67E6-4A3C-A1FA-562A283CEF6D.jpeg0B3B351E-39A5-4035-BD0C-610FAE0DD6E9.jpeg362396C5-59FD-4268-9EA3-108C0D2F15BE.jpeg


posted by atorie at 10:18| Comment(0) | アスファルト防水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。